電子オルガンの音が出る仕組みは何?

ピアノに似ている鍵盤楽器として真っ先に思い浮かべるのは電子オルガンではないでしょうか?
非常に似ていますがピアノとオルガンでは音を出す仕組みが全く異なります。
では電子オルガンはどのような仕組みのもとで音を出しているのでしょうか?
そこで今回は電子オルガンの音が出る仕組みについて解説していきたいと思います。

まずピアノは鍵盤をうすことで連動したハンマーが弦を叩き音が出ます。
ピアノが打楽器と言われる理由はここにあります。
ですからピアノは鍵盤を打つ打楽器と捉えて問題無いでしょう。

一方でオルガンは鍵盤を押すとハンマーが弦を叩くのではなく、圧縮された空気が鍵盤と連動したパイプに送られて音が出る仕組みです。
つまり鍵盤を持つ管楽器という捉え方になります。

電子オルガンはオルガンという名前こそ付いていますが上記で説明したオルガンとは音の出る仕組みが全く異なります。
電子オルガンの場合、電子回路が音を出しています。
予めサンプリングされた音源を増幅させてスピーカーから音を出しているのです。
仕組みとしてはシンセサイザーに似ているといえます。
ただシンセサイザーは加工することで新しい音を出すことが可能ですが、電子オルガンではそれは不可能です。
あくまでも様々な音源を使用して演奏することに特化した楽器です。詳しくはコチラ

「でんこちゃん」ってどんなキャラクターですか?

でんこちゃんってご存じですか?
でんこちゃんは東京電力のマスコットキャラクターで、東京電力の省エネと安全な使用を呼びかける広報担当社員なんです。
電気と仲良くねが決まり文句で、分電でんこがフルネームで電柱市電線町に在住する人妻なんです。

1987年にパンフレットに初登場し、3年後の1991年にテレビCMに出るようになり幅広く認知されるようになりました。
ただあくまでも東京電力の給電エリアのみ登場ですから、エリア外の人は全く知りません。

実は2012年の3月にでんこちゃんはリストラにあっています。
2011年3月に起きた東日本大震災によってCMから姿を消し、翌年の契約更改を機にマスコットとしての契約が打ち切られてしまったのです。
解雇の理由はコスト削減です。

しかし解雇からわずか2年で職場復帰を果たしています。
そもそもでんこちゃんは省エネの大切さをPRする役目にあるわけですから震災後これまで以上に節電が大切となったにも関わらず、その節電の大切さを伝えるでんこちゃんをリストラするとは何事だという意見が多く上がってしまったのです。
東京電力では別のキャラクターの採用の話も挙がっていたようですがそれではコスト削減の目的にそぐわないという理由で却下されました。http://xn--w8j6cq18irfclxk6cr2oi94fih6ccbb.jp/

ダブル発電って何?

ダブル発電とはどういう発電なのでしょうか?
ここではダブル発電について紹介していきたいと思います。

太陽光発電を設置されているお家では家庭内で電気を使用し余った分に関しては電力会社に売電しそれを収益としています。
ですがその余った電力を電力会社に売電せず、住宅用蓄電池やバッテリーなどに蓄電し夜間に使用すれば電気料金が一切かからず電気を使用することも可能となります。
要するに太陽光だけで生活することが出来るということです。
この様に太陽光発電で発電された電気を住宅用蓄電池やバッテリーに貯蓄する行為をダブル発電といいます。
まさしく夢の様な生活ですが日中に発電した電気で夜間の電気を賄うことが出来れば今後の光熱費を大幅にカットすることが出来るでしょう。
更に今後の電気料金の値上げや停電時に備えることも出来ます。

ダブル発電のメリットは何と言っても光熱費の削減です。
より効率的に電気エネルギーを使用することが出来るようになり、一般的な家庭であれば年間で5万円前後の光熱費削減効果を期待することが出来ます。
逆にデメリットはシステム導入費が高いということです。
太陽光発電システムと別に蓄電池システムも設置しますので合わせると400万円近くの初期費用がかかってしまいます。42円物件の太陽光発電について