ダブル発電って何?

ダブル発電とはどういう発電なのでしょうか?
ここではダブル発電について紹介していきたいと思います。

太陽光発電を設置されているお家では家庭内で電気を使用し余った分に関しては電力会社に売電しそれを収益としています。
ですがその余った電力を電力会社に売電せず、住宅用蓄電池やバッテリーなどに蓄電し夜間に使用すれば電気料金が一切かからず電気を使用することも可能となります。
要するに太陽光だけで生活することが出来るということです。
この様に太陽光発電で発電された電気を住宅用蓄電池やバッテリーに貯蓄する行為をダブル発電といいます。
まさしく夢の様な生活ですが日中に発電した電気で夜間の電気を賄うことが出来れば今後の光熱費を大幅にカットすることが出来るでしょう。
更に今後の電気料金の値上げや停電時に備えることも出来ます。

ダブル発電のメリットは何と言っても光熱費の削減です。
より効率的に電気エネルギーを使用することが出来るようになり、一般的な家庭であれば年間で5万円前後の光熱費削減効果を期待することが出来ます。
逆にデメリットはシステム導入費が高いということです。
太陽光発電システムと別に蓄電池システムも設置しますので合わせると400万円近くの初期費用がかかってしまいます。42円物件の太陽光発電について